2018年08月21日

米中デジタル戦争と日本のSociety5.0

総合政策研究部 研究理事 チーフエコノミスト・経済研究部 兼任   矢嶋 康次
総合政策研究部 主任研究員・経済研究部兼任   中村 洋介

このレポートの関連カテゴリ

日本経済 企業経営・産業政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

米中がデジタル覇権を争い激しく火花を散らしているが、日本が漁夫の利を得るチャンスが訪れたわけではない。むしろ、両国を中心に世界的な陣取り合戦が繰り広げられ、その巨大IT、ハイテク企業に世界を席巻されかねない。

陣取り合戦は日本国内でも行われ始めている。日本のSociety5.0でどう巻き返しを図っていくのか、日本の力が問われている。

■目次

1――米中の「デジタル覇権争い」はガチンコ、長期化の様相
2――日本、Society5.0は埋没の危機
3――取組みを加速させる仕組みや、更なる危機感の醸成が必要
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

46_ext_01_0.jpeg

総合政策研究部

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

58360_ext_01_0.jpeg

総合政策研究部

中村 洋介 (なかむら ようすけ)

レポート

アクセスランキング

【米中デジタル戦争と日本のSociety5.0】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米中デジタル戦争と日本のSociety5.0のレポート Topへ