2018年03月28日

「勘違い」と「わからない」の違い-金融と生命保険に関するリテラシーの多様性を考慮した分析

保険研究部 上席研究員・年金総合リサーチセンター 公的年金調査室長 兼任   中嶋 邦夫

このレポートの関連カテゴリ

個人年金 家計の貯蓄・消費・資産 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

金融リテラシーの向上が、社会的な課題となっている。本稿では、(公財)生命保険文化センターが実施した「生活保障に関する調査」のリテラシー計測設問の結果を、正答か非正答かではなく正答・誤答・不明とに区分して分析し、人々のリテラシーのパターンを分類した。その結果、人々のリテラシーは誤答(勘違い)か不明(わからない)かで分類され、分類によって生活設計や経済的準備の状況が違うことが分かった。

■目次

1 ――― 問題意識
  1| 社会的な課題
  2| 研究上の課題(先行研究の概観と本稿の位置づけ)
2 ――― データの概観と分析方法の概要
  1| サンプル設計
  2| リテラシーを計測する設問
  3| 各設問への回答状況
  4| 設問間の相関関係
  5| 回答パターンによるグループ分け(分類)
3 ――― 分析結果
  1| 分類結果の特徴
  2| 分類と正答数との関係
  3| 分類と主観的なリテラシーとの関係
  4| 分類と客観的な属性との関係
  5| 分類と経済的な準備状況との関係
4 ――― 総括と考察
  1| 分析結果の総括
  2| 今後の研究課題
補論:他のクラス数での分類結果
 
 
* この研究は、平成29年度厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業))「公私年金の連携に注目した私的年金の普及と持続可能性に関する国際比較とエビデンスに基づく産学官の横断的研究」(H29-政策-一般-002)の一環である。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

保険研究部   上席研究員・年金総合リサーチセンター 公的年金調査室長 兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

アクセスランキング

レポート紹介

【「勘違い」と「わからない」の違い-金融と生命保険に関するリテラシーの多様性を考慮した分析】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「勘違い」と「わからない」の違い-金融と生命保険に関するリテラシーの多様性を考慮した分析のレポート Topへ