2017年07月10日

大学卒女性の働き方別生涯所得の推計-標準労働者は育休・時短でも2億円超、出産退職は△2億円。働き続けられる環境整備を。

生活研究部 主任研究員   久我 尚子

消費者行動 人手不足・働き方改革 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■目次

1――はじめに
2――近年の女性の就労状況
  1|女性の労働力率の変化
   ~既婚女性の労働力率上昇と未婚女性の増加でM字カーブは解消傾向
  2|女性雇用者の雇用形態別割合
   ~女性全体の6割が非正規、高年齢層ほど多い。
  3|結婚・出産後の妻の就業継続状況
   ~寿退社2割、出産後も過半数が就業継続、育休利用は4割。
    ただし、出産後の就業継続状況は就業形態で大きな差。
  4|女性の賃金等の変化
   ~1995年以降、女性全体では微増、大学・大学院卒では横ばい・微増
3――大学卒女性の生涯所得の推計
  1|設定した女性の働き方ケース
  2|生涯所得の推計条件
  3|生涯所得の推計結果
   ~大卒同一企業勤務女性の生涯所得は2億6千万円、育休2回・時短でも生涯所得は
    2億円超、出産退職は2億円のマイナス。一方、非正社員では半分以下に。
4――おわりに

※本稿は2016年11月16日「基礎研レポート」を加筆・修正したものである。
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
83_ext_01_0.jpeg

生活研究部   主任研究員

久我 尚子 (くが なおこ)

研究・専門分野
消費者行動、心理統計、保険・金融マーケティング

レポート

アクセスランキング

【大学卒女性の働き方別生涯所得の推計-標準労働者は育休・時短でも2億円超、出産退職は△2億円。働き続けられる環境整備を。】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

大学卒女性の働き方別生涯所得の推計-標準労働者は育休・時短でも2億円超、出産退職は△2億円。働き続けられる環境整備を。のレポート Topへ