2016年10月11日

欧州大手保険グループの2016年上期末のSCR比率の状況等について-SCR比率及び感応度の推移等-

保険研究部 取締役   中村 亮一

文字サイズ

■要旨

欧州大手保険グループの2016年上半期の業績報告の発表が8月に行われている。今回の保険・年金フォーカスでは、新たなソルベンシーII制度に基づく各社のSCR比率の水準やその感応度について、2015年末から(会社によっては2014年末から)2016年上期末にかけての推移を報告する。併せて、2016年上期末における資産と負債のマッチングや投資損益に関する状況等について、報告する。これらを通じて、低金利及びボラタイルな市場環境下で、各社がソルベンシーII制度の導入に向けて及び導入後の半年間でどのように対応してきたのかを報告する。

■目次

1―はじめに
2―欧州大手保険グループのSCR比率の推移
3―各社毎のSCR比率や感応度の推移
  1|AXA
  2|Allianz
  3|Generali
  4|Prudential
  5|Aegon
  6|Zurich
4―まとめ
  1|資産と負債のマッチング
  2|株式等のリスク性資産の圧縮によるリスク低減
  3|再保険の活用
  4|ヘッジの活用
  5|商品ポートフォリオの見直し
27927_ext_01_0.jpg

保険研究部   取締役

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

レポート

アクセスランキング

【欧州大手保険グループの2016年上期末のSCR比率の状況等について-SCR比率及び感応度の推移等-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州大手保険グループの2016年上期末のSCR比率の状況等について-SCR比率及び感応度の推移等-のレポート Topへ