2015年07月06日

2014年度生保決算の概要

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

文字サイズ

■要旨

生命保険会社42社の2014年度(2015年3月期)決算が5月下旬に出揃った。前年度に引き続き株高・円安という良好な資産運用環境だったこともあり、収益性、健全性の面で好調なものとなった。販売業績面では、新契約高は貯蓄性商品の増加などにより対前年度1.6%増加となったが、保有契約高は▲0.9%減少した。第三分野は引き続き好調である。収支面では基礎利益が7.9%の増加となった。健全性に関しては、有価証券含み益が増加したことなどからソルベンシー・マージン比率がほとんどの会社で上昇した。一方、契約者配当についても、増配する会社が昨年よりさらに増えている。



このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

(2015年07月06日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【2014年度生保決算の概要】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2014年度生保決算の概要のレポート Topへ