2011年04月04日

時間選好率が高い個人ほど貯蓄額は低下する

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

文字サイズ

時間選好率が高い者は、現在の消費に対する効用が相対的に高く、貯蓄を行わない傾向があるとされている。わが国の家計においても、このような傾向が観察された。老後への準備意識はあるのだが、実際の準備は後回しになりがちである。

このレポートの関連カテゴリ

67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【時間選好率が高い個人ほど貯蓄額は低下する】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

時間選好率が高い個人ほど貯蓄額は低下するのレポート Topへ