2009年01月01日

社会的責任投資(1)-SRIの担い手、欧米は機関投資家・日本は個人投資家

  川村 雅彦

文字サイズ

SRIのSはSocialからSustainableへと変化し、従来型の「社会的責任投資」から「環境や社会の持続可能性に配慮した責任ある投資」へと転換しつつある。欧米では年金基金などの機関投資家がSRIを牽引しているのに対して、日本では個人投資家向けの投資信託が主流であり、SRIの担い手がまったく逆転している。

このレポートの関連カテゴリ

川村 雅彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【社会的責任投資(1)-SRIの担い手、欧米は機関投資家・日本は個人投資家】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

社会的責任投資(1)-SRIの担い手、欧米は機関投資家・日本は個人投資家のレポート Topへ