2002年01月18日

欧米経済動向/ユーロの現金流通と未参加国の動向

  土肥原 晋
経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

<米国経済>

  1. 米国経済は底堅い消費と、在庫調整の進展等から、底打ちから回復に向かう局面と見られる。月末発表の10-12期GDP 予想は▲1%程度と景気の底は深くないと思われるが、一方、当面の消費支出を牽引する要因も見当たらず、1-3期は前期の自動車販売増加の反動減が予想されるため、回復速度についても緩やかなものとならざるを得ないであろう。

<欧州経済:ユーロ圏では一部の指標に改善の兆し>

  1. ユーロ圏ではテロのショックが緩和しつつあるが、本格回復には今しばらく時間が必要。
  2. 英国では生産低迷が続く中、12月の小売が予想外の前月割れとなり減速懸念が再燃した。

<トピックス:ユーロの現金流通と未参加国の動向>

  1. ユーロ切替えによって、域内の価格収斂や産業再編が加速、制度調和や政治統合に弾みがつけば、通貨統合の成果は一段と明確になるだろう。
  2. ユーロ圏の動向は未参加国の世論を通じてユーロ圏の拡大にも影響を及ぼすことになる。

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

43_ext_01_0.jpg

経済研究部

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

レポート

アクセスランキング

【欧米経済動向/ユーロの現金流通と未参加国の動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧米経済動向/ユーロの現金流通と未参加国の動向のレポート Topへ