2004年06月18日

2004・2005年欧州経済見通し

経済研究部 常務理事 伊藤 さゆり

このレポートの関連カテゴリ

文字サイズ

< ユーロ圏は2004年2.0%、2005年2.3% >

  • 1~3月期に外需改善と内需の持ち直しで前期比0.6%に回復したユーロ圏は、国別には不安材料があるが、全体では4~6月期も内外需がバランスした成長が続いている。
  • 年後半は世界経済の減速で輸出の牽引力は低下するが緩やかな拡大は続き、長く調整が続いた雇用、設備投資の持ち直しも期待される。
  • 間接税や公共料金引き上げに加え、原油高の影響から5月に2.5%まで上振れた物価は、4~6月期をピークに政策目標のレンジに向けて低下する見込みである。

< イギリスは2004年2.9%、2005年2.4% >

  • イギリスでは個人消費主導の景気拡大が続き、住宅市場の過熱と家計の借入れ急増への対策として昨年11月以降、今年6月まで合計4回、累計1%の利上げが実施された。BOEは今後も機動的な金融政策運営を継続する見込みである。
  • 年後半の景気は、世界経済の減速で輸出、生産の回復テンポは抑制されるが、設備投資の回復は持続、累積的利上げの効果により個人消費の過熱感は和らぐ見込みである。
36376_ext_15_1.jpg
Xでシェアする Facebookでシェアする

このレポートの関連カテゴリ

経済研究部   常務理事

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州の政策、国際経済・金融

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【2004・2005年欧州経済見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2004・2005年欧州経済見通しのレポート Topへ