久我 尚子

生活研究部 主任研究員

久我 尚子(くが なおこ)

研究・専門分野
消費者行動、心理統計、保険・金融マーケティング

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 消費者行動、心理統計、保険・金融マーケティング
自己紹介

「おひとりさま」「草食系男子」「おゆとりさま」「アクティブシニア」など、近年の社会環境の変化により、ひと昔前には存在しなかった消費セグメントが注目されています。また、学校を卒業してから結婚し、子育て、働き盛りを経てセカンドライフへといったライフコースも多様化し、これまで性別や年齢・職業・学歴などの基本的なデモグラフィック属性で大よそ把握できた消費者の嗜好も、ライフスタイルや価値観などのサイコグラフィック属性なしでは捉えきれなくなっています。一方で、高度情報化社会では消費者行動に関わる膨大な情報を得て、戦略的なマーケティングを実行しやすい環境になりました。こういった中では、消費者行動を科学的に読み解きニーズを明らかにしていくことが、活気ある消費社会への足がかりになるのではないでしょうか。

経歴 プロフィール
【職歴】
 2001年 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ入社
 2007年 独立行政法人日本学術振興会特別研究員(統計科学)採用
 2010年 ニッセイ基礎研究所 生活研究部門
 2016年7月より現職

 ・日本マーケティング協会シニアマーケット委員会委員(2011年度)
 ・内閣府統計委員会専門委員(2013~2015年)
 ・神奈川県神奈川なでしこブランドアドバイザリー委員会委員(2013年度~)


【加入団体等】
 日本マーケティング・サイエンス学会、日本消費者行動研究学会、
 生命保険経営学会、日本行動計量学会、Psychometric Society

久我 尚子のレポート

2016年11月16日

大学卒女性の働き方別生涯所得の推計-標準労働者は育休・時短でも2億円超、出産退職は△2億円。

本稿では、近年の女性の就労状況の変化をおさえた上で、大学卒女性の生涯所得について、最新の賃金等の統計データを利用するとともに、女性の働き方が多様化する現状...

続きを見る

2016年11月09日

若者の「高級ブランド離れ」「クルマ離れ」は本当か?-データで見るバブル期と今の若者の違い

今の若者は、消費に消極的な印象が強く、「高級ブランド離れ」や「クルマ離れ」など「若者の○○離れ」を言われがちだ。本稿では、消費意欲が旺盛と言われたバブル期...

続きを見る

2016年11月01日

じわっと拡大「お受験」市場~親の高学歴化・共働き世帯の増加で進学率は2倍に:データで見るイマドキ子育て(1)

54204_ext_03_0_S.jpg

11月1日は何の日かご存知でしょうか?ヒントは、紺色のスーツを着た親子連れです。小学校入学前のお子さんがいると、ピンとくるかもしれません。答えは、私立小学...

続きを見る

レポートをもっと見る

久我 尚子のパブリシティ

著書

  • 若者は本当にお金がないのか?―統計データが語る意外な真実
    若者は本当にお金がないのか?―統計データが語る意外な真実
    著書:
    久我 尚子(著)
    出版社:
    光文社新書
    発行年月:
    2014年6月
    定価:
    820(税抜き)

    ※当研究所、久我尚子が執筆。


      今の若者は厳しい経済環境にある。しかし、20代の生活満足度は、全ての年代の中で最も高く、所得や貯蓄などの経済面の満足度も40~50代より高い。世間で若者の「クルマ離れ」や「高級ブランド品離れ」、「海外旅行離れ」などが言われるとき、「今の若者はお金がないからだ」という声がよく聞かれる。確かに、クルマもブランド品も高額なものだが、若者はお金がないから消費をしないのだろうか。


      今の若者は実際のところ、月々どれくらいのお金を手にしているのだろうか。


      統計の入門書、若者に関するデータ集としても最適な一冊。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2016年05月11日 第18期しんくみ大学 「最近の消費者行動」 一般社団法人全国信用組合中央協会
2014年12月11日 若年層の価値観と生活実態 アイシン精機株式会社
2014年10月30日 「労働力不足に対応した物流のあり方に関するシンポジウム」 パネリスト 公益社団法人全国通運連盟

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2016年11月29日 日本経済、最大の壁は『ゆとり世代』!?~若者消費を考える~ 日経チャンネルマーケッツ 「マーケッツのツボ」
2016年11月28日 大ヒット左右する「インスタ映え」とは? 日本テレビ 「news every.」
2016年11月19日 今週の経済・ビジネス動向、最近の教育市場など テレビ埼玉 「埼玉ビジネスウォッチ」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2016年10月24日 日本経済新聞 夕刊 11面 料理は男のたしなみ 妻や孫にふるまいたい 一人暮らしでも健康に――幅広い世代で腕磨き
2016年10月07日 日刊工業新聞 朝刊 19面 「将来不安」は77%に増加
2016年07月08日 中日新聞 朝刊 9面 アベノミクスの足元 2016参院選 (4)変わる消費者 「必要最小限」で十分

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2016年12月号 ショッピングセンター・ジャパン・トゥデイ 47-51P データで見る消費者動向と地方SCへ向けた考察
2016年11月号 戦略経営者 36-38P 「若者の○○離れ」は本当か 統計分析のプロが語る若年層消費の実態
2016年10月31日 日本経済新聞 電子版 政府統計、こぼれる若者消費-捉えきれぬ新分野

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る