片山 ゆき

保険研究部 准主任研究員

片山 ゆき(かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 中国の保険・年金・社会保障制度
自己紹介

中国で保険事業が再開されてからおよそ30年。いまやアジアでは日本に次いで2番目のマーケット規模へと成長しております。経済成長の歩みとともに急拡大するマーケットには、生命保険が本来持つ「万一のときの生活に備える」といった相互扶助としての役割よりは「資産形成のための金融商品の1つ」と捉える向きがあると言われています。また、その一方で社会保険制度が整備途上で、生活の根幹を支えるような医療・年金保険への潜在的な需要が大きいのも事実です。成長を続ける中国保険マーケット、整備が進む社会保険制度の「今」を的確に捉えつつ、今後の方向性を見据えていきたいと考えております。

経歴 【職歴】
 2005年 ニッセイ基礎研究所入社
 2016年7月より現職

片山 ゆきのレポート

2017年02月21日

中国保険市場、米国に次いで2位に?-世界における中国のプレゼンス【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(24)

世界における保険マーケットの規模は、長らく、米国が1位、日本が2位、英国が3位であった。新興マーケットである中国が3位に浮上したのは2015年であるが、こ...

続きを見る

2016年12月20日

老いる中国、介護保険制度はどうなっているのか。【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(23)

中国では、民間の介護事業者による生活介助など有料サービスの供給が先行し、地方自治体による介護保険制度の試験的な導入が開始されたのは、わずか5年ほど前からで...

続きを見る

2016年11月24日

国防費の3倍?-急増する中国の社会保障関係費

中国では、少子高齢化の進展、それに伴う社会保障制度の整備が進む中で、医療や年金などの社会保障関係費が増加している。2015年の社会保障関係費は3兆972億...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

片山 ゆきのパブリシティ

著書

  • ポスト改革期の中国社会保障はどうなるのか―選別主義から普通主義への転換の中で
    ポスト改革期の中国社会保障はどうなるのか―選別主義から普通主義への転換の中で
    著書:
    沈 潔/澤田 ゆかり(編著)
    出版社:
    ミネルヴァ書店
    発行年月:
    2016年3月
    定価:
    ¥6,000(税抜き)

     

    ※当研究所の片山ゆきが第6章「ポスト改革期の生命保険市場」を執筆。


    本書は、胡錦濤政権以降のポスト改革期を対象として、社会保障制度の構造的な変化を分析したものである。その特色は、中央・地方・コミュニティの各レベルの視点から、現地の具体的なデータや事例を用いて、政策と実態の両面から現状を描き出した点である。

    中国の社会保障改革が選別主義から普遍主義へと転換する中で、その意義を新たに考察し、今後の政策のあり方を展望した一冊。

  • 日本の年金制度―そこが知りたい39のポイント
    日本の年金制度―そこが知りたい39のポイント
    著書:
    ニッセイ基礎研究所(編・著)
    出版社:
    一般社団法人金融財政事情研究会
    発行年月:
    2012年10月
    定価:
    ¥1,470

    当研究所、德島勝幸・梅内俊樹・新美隆宏・中嶋邦夫・片山ゆきが執筆。



    わかりにくい「年金制度」を誰もがわかるように、基本情報や知識をわかりやすく・コンパクトに解説。

    老後に重大な影響を与え、すべての国民の生活に直結する年金制度。年金資産の運用や年金財政の実態などを、専門家でなくても理解できるように39の論点に整理、詳説。

    公的年金のほか、確定給付企業年金や確定拠出年金などの企業年金の概要や特徴、資産の運用・リスク管理まで、1項目ずつ丁寧に解説。

    専門家や実務家のみならず、一般社会人・主婦・学生など、いままで年金制度にかかわる機会の少なかった方々が、理解し関心を高めることができる情報・知識が満載。

  • 中国保険用語辞典
    中国保険用語辞典
    著書:
    ニッセイ基礎研究所 沙 銀華(著)/片山 ゆき(著)
    出版社:
    保険毎日新聞社
    発行年月:
    2009年1月
    定価:
    ¥2,730

    ※当研究所、沙銀華、片山ゆきが執筆。


      改革開放後、中国市場の発展は目を見張るものがあります。特に2001年の中国のWTO加盟後は開放が加速し、それまでの規制が緩和・撤廃されるなど、日本企業にとって中国ビジネスを展開する上での環境が整ってきています。保険会社・ブローカーはもとより、商社やメーカー、物流企業など一般の事業会社においても、中国は重要な市場と位置づけられており、今後中国への進出が一層活発化することは間違いありません。

      中国の保険用語を3カ国語で併記し、日本語の詳しい用語解説まで記載した辞典は日本初であり、中国ビジネスを展開する皆様のお役に立つと確信しています。なお、本辞典は三編構成となっており、「用語解説編」に加えて、中国の全保険会社のデータを掲載した「保険会社編」、保険に関する法制度を解説した「法律・行政法規編」も収録。

著書をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2016年11月26日 「爆買い」から「医療」へ・中国マネー最前線 フジテレビ 「ユアタイム」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2016年08月26日 日経産業新聞 朝刊 4面 中国フィンテック企業が台頭 ネット専業、革新的な保険
2015年11月05日 日経産業新聞 朝刊 4面 リポートを読む-中国、膨張する社会保障費
2015年05月09日 日本経済新聞 朝刊 18面 アジアラウンドアップ 香港 保険株にアリババ効果

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2017年02月16日 インシュアランス 15P 2016年の中国保険マーケット、日本を抜いて第2位に (No.157)
2017年02月02日号 金融財政ビジネス 4-8P 模索続く中国の介護保険制度-20年目途に本格導入
2017年01月19日 インシュアランス 16P 中国の年金積立金、委託運用へ (No.156)

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る