2001年12月07日

金融為替市場の動き~家計も着実にペイオフに対応

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次
  岡田 章昌

文字サイズ

<金融為替市場の動き>

  1. 日銀の景気に対する認識は厳しさを増しているが、金融政策単独ではすでに限界にきているとの認識を強く持っており政治の動きを見極めている。
  2. 円ドルレートは、120~125円/ドルで一進一退の推移が続いている。今後についてもレンジ相場が予想されるが、米国経済悪化によるドル急落リスクには注意しておきたい。

<今週の焦点:ペイオフ解禁に向けて>

  • 4月のペイオフ解禁に向け、法人、地方公共団体とともに、1000万円以上の預貯金を有する家計も既に行動を起こしている。
46_ext_01_0.jpg

経済研究部

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

岡田 章昌

レポート

アクセスランキング

【金融為替市場の動き~家計も着実にペイオフに対応】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融為替市場の動き~家計も着実にペイオフに対応のレポート Topへ