2023年10月10日

年収の壁への根本的な対策として適用拡大と第3号の縮小が課題に~年金改革ウォッチ 2023年10月号

保険研究部 上席研究員・年金総合リサーチセンター 公的年金調査室長 兼任 中嶋 邦夫

このレポートの関連カテゴリ

文字サイズ

■要旨

ポイント解説:年金制度における「年収の壁」への根本的な対策
9月21日の年金部会では、いわゆる「年収の壁」について根本的な制度の見直し案が議論された。本稿では、年収の壁に関する現状と経緯を確認し、今後の議論を展望する。

■目次

1 ―― 先月までの動き
2 ―― ポイント解説:年金制度における「年収の壁」への根本的な対策
  1|現状
   :厚生年金の適用要件の1つが「106万円」、被扶養配偶者の判断基準が「130万円」
  2|経緯
   :106万円はパート適用時に財界要望で、130万円は基礎年金に際し健保に揃えて導入
  3|展望
   :本人負担軽減には反対が多く、適用 拡大と第3号の縮小が今後の検討課題に
 
* 年金改革ウォッチは2013年1月より連載。2023年4月より毎月第2火曜日(2023年5月と2024年1月は第3火曜日)に連載。
Xでシェアする Facebookでシェアする

このレポートの関連カテゴリ

保険研究部   上席研究員・年金総合リサーチセンター 公的年金調査室長 兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度全般、家計貯蓄行動

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【年収の壁への根本的な対策として適用拡大と第3号の縮小が課題に~年金改革ウォッチ 2023年10月号】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年収の壁への根本的な対策として適用拡大と第3号の縮小が課題に~年金改革ウォッチ 2023年10月号のレポート Topへ