2015年05月08日

超長期国債はいつまで買うことができるのか

金融研究部 チーフ債券ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任   千田 英明

文字サイズ

長期(10年)国債金利は0.195%と史上最低金利をつけ、国内債券の期待収益率は大きく低下してきている。一方で、超長期(20年)国債金利は現在でも1%以上あり、投資対象となる可能性がある。イールドカーブの形状から割高・割安を分析し、超長期国債投資の可能性を検証する。

70_ext_01_0.jpg

金融研究部   チーフ債券ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

千田 英明 (ちだ ひであき)

研究・専門分野
運用手法開発(国内債券)、証券化商品

(2015年05月08日「ニッセイ年金ストラテジー」)

レポート

アクセスランキング

【超長期国債はいつまで買うことができるのか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

超長期国債はいつまで買うことができるのかのレポート Topへ