2008年03月26日

日本企業における人的資源管理の現状と課題

  小本 恵照

文字サイズ

今年1月に実施したニッセイ景況アンケートによると、雇用する人材に対して、企業は「向上心・積極性」と「コミュニケーション能力・協調性」を重視している。
新規採用者の質については「向上した」と「低下した」という見方が拮抗している。また、4割の企業が、団塊世代の退職によるマイナスの影響があると回答している。
人材育成上の課題については、「育成スキルの不足」と「若手を育成する社員の余裕」を挙げる企業が多く、人事政策上の課題については「優秀な人材の確保」という企業が圧倒的に多い。

小本 恵照

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【日本企業における人的資源管理の現状と課題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本企業における人的資源管理の現状と課題のレポート Topへ