パブリシティ

イベント(シンポジウムのご紹介)

2013年度

テーマ ジェロントロジー - 超高齢未来に向けた産業界の取組方向 -
日時 2013年10月
場所
開会ご挨拶
筒井 義信氏 日本生命保険相互会社 代表取締役社長
濱田 純一氏 東京大学 総長
基調講演者
丹呉 泰健氏 内閣官房参与
パネリスト
秋山 弘子氏 東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授
坂本 潤氏 イオン株式会社 グループ営業企画部 部長
田中 一正氏 大和ハウス工業株式会社 理事 ヒューマン・ケア事業推進部長
梶浦 敏範氏 株式会社日立製作所 情報・通信システム社 上席研究員
森 雅志氏 富山市 市長
コーディネーター
中村 昭 ニッセイ基礎研究所 取締役 生活研究部長

議事録

過去の実績一覧

書籍出版

  • まちがいだらけの少子化対策:激減する婚姻数になぜ向き合わないのか
    まちがいだらけの少子化対策:激減する婚姻数になぜ向き合わないのか
    著者:
    天野馨南子(編著)
    出版社:
    一般社団法人金融財政事情研究会
    発行年月:
    2024年07月
    定価:
    ¥2,200(税込)
    研究員:
    天野 馨南子 生活研究部

    ※当研究所天野馨南子が執筆。


    異次元の少子化が進む “本当の理由”
    日本の出生数は半世紀で6割減少!
    激変した“理想の家族”とアンコンシャス・バイアスの蔓延
    シルバー民主主義がもたらす未婚化放置社会

    日本の少子化の勢いが止まらない。若い男女の結婚願望は昔とそれほど変わらないにもかかわらず、なぜ少子化が急速に進んでいるのか。
    官民の多くの人口問題関連委員を務め、全国各地から講演依頼が殺到する著者が、エビデンスから日本の実像を解き明かす。

  • 韓国における社会政策のあり方Ⅱ-韓国における少子化、格差、葛藤の現状
    韓国における社会政策のあり方Ⅱ-韓国における少子化、格差、葛藤の現状
    著者:
    金 明中(著)
    出版社:
    社会評論社
    発行年月:
    2024年03月
    定価:
    ¥2,750(税込)
    研究員:
    金 明中 生活研究部


    ※当研究所、金明中が執筆。


    経済の低成長、少子高齢化、人口減少と労働力不足、財政赤字の拡大など韓国社会の諸問題を専門家の立場から詳述。日本社会に通じる改革への道筋を探る。
    政治的不安定が高く、低成長・高齢化時代に直面している韓国における少子化、労働政策、世代間の格差と対立、働き型の多様化と分配政策、若者世代の男女間の対立、韓国政府の新型コロナウイルス対策、外国人受け入れ対策等についてデータに基づいて現状や課題を説明している。また、韓国の社会政策に大きな影響を与えている日本の制度と比較するために一部の制度に関しては日韓比較を行った。

    *本書は『韓国における社会政策のあり方―雇用・社会保障の現状とこれからの課題』(旬報社、2021年)の続編。

  • はじめて学ぶ少額短期保険
    はじめて学ぶ少額短期保険
    著者:
    松澤 登(著)
    出版社:
    保険毎日新聞社
    発行年月:
    2024年02月
    定価:
    ¥2,970(税込)
    研究員:
    松澤 登 保険研究部


    ※当研究所、松澤登が執筆。


    本書は、少額短期保険業の全体像を知りたいと考える学生やビジネスマン向けの入門解説書です。
    第1章で、少額短期保険業者の成り立ちから、少額短期保険業者とそのマーケットについて、生保・損保業界と比較しつつ解説し、第2章では、少額短期保険業に係る法規制について触れ、第3章では、少額短期保険業者の商品の内容を紹介し、第4章では、既存の保険会社グループにおける少額短期保険業者の位置付けなどを概観しています。最後の第5章では、ICTを中心とした少額短期保険業の現状と今後の展望をわかりやすく、かつ端的に分析しています。
    本書一冊で、少額短期保険の全貌がわかるお勧めの実務書です。

書籍出版一覧

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル 執筆者
2024年
07月10日
北海道新聞 朝刊 10面 実質賃金プラス いつ? 経済研究部
高山 武士
2024年
07月07日
日本経済新聞 朝刊 7面 日米中の外食「お得感」勝負 経済研究部
高山 武士
2024年
07月04日
西日本新聞 朝刊 16面 紙おむつ支給対象 自治体でばらつき 保険研究部
三原 岳

新聞掲載一覧

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル 執筆者
2024年
07月24日号
財界 77P 経済の本質を衝く! 稼げる日本復活、貿易立国を目指す 総合政策研究部
矢嶋 康次
2024年
07月10日
QUICK 重要度増す企業と株主のエンゲージメント 金融研究部
森下 千鶴
2024年
07月09日
PIVOT 公式チャンネル 【日本株が最高値更新した4つの理由】期初予想が外れた要因/上方修正ラッシュへ/年末に日経平均は4万2000円/米国経済の不安/中古住宅販売の減少/トランプ政権で株価上昇 金融研究部
井出 真吾

雑誌等掲載一覧

講演・学会報告

講演日 タイトル 主催 講演者
2024年
07月11日
2024年の不動産市況トレンドとDX化が拓く未来 「2024年首都圏を中心とした事業用不動産市況の動向と展望」 日経BP総合研究所 金融研究部
佐久間 誠
2024年
07月06日
早稲田大学オープンカレッジ夏講座 「2024年の政治イベントから読み解く欧州の今とこれから」 早稲田大学エクステンションセンター 経済研究部
伊藤 さゆり
2024年
07月03日
第一回マーケットセミナー 「住宅・商業・ホテル・物流等直近データと経済予測」 ARK不動産アカデミー 金融研究部
渡邊 布味子

講演・学会報告一覧

TV出演

放送日 番組名 内容 出演者
2024年
07月16日
日経CNBC 「昼エクスプレス」 2024年上半期の投信市場 金融研究部
前山 裕亮
2024年
07月12日
東京MX2 「WORLD MARKETZ」 日経平均最高値更新 金融研究部
前山 裕亮
2024年
07月08日
BSテレ東 「マネーのまなび」 ファンド大賞から厳選!注目投信/どう計算?投資リターン 金融研究部
前山 裕亮

TV出演一覧

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る