2023年11月09日

東京オフィス賃料は下落継続。物流市場は大量供給の影響で空室率が上昇-不動産クォータリー・レビュー2023年第3四半期

金融研究部 主任研究員 吉田 資

文字サイズ

■要旨
 
  • 2023年7-9月期の実質GDP(11/15公表予定)は、前期比▲0.2%(前期比年率▲0.9%)と4四半期ぶりのマイナス成長になったと推計される。
     
  • 住宅市場では、価格が上昇するなか、前期まで低調であった販売状況は回復に向かっている。2023年7-9月の新設住宅着工戸数は前年同期比▲7.7%、首都圏のマンション新規発売戸数は前年同期比+13.1%、中古マンション成約件数は前年同期比+4.2%となった。
     
  • オフィス賃貸市場は、東京Aクラスビルの成約賃料(月坪)が前期比▲3.9%下落した。東京23区のマンション賃料は全ての住居タイプが前年比でプラスとなった。ホテル市場は2023年7-9月の延べ宿泊者数がコロナ禍前の水準を回復した。物流賃貸市場は、新規供給の影響を受けて首都圏・近畿圏ともに空室率が上昇している。
     
  • 2023年第3四半期の東証REIT指数は6月末比▲0.1%下落した。

 
東京都心部Aクラスビルの空室率と成約賃料
■目次

1.経済動向と住宅市場
2.地価動向
3.不動産サブセクターの動向
  1|オフィス
  2|賃貸マンション
  3|商業施設・ホテル・物流施設
4.J -REIT(不動産投信)市場
Xでシェアする Facebookでシェアする

金融研究部   主任研究員

吉田 資 (よしだ たすく)

研究・専門分野
不動産市場、投資分析

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【東京オフィス賃料は下落継続。物流市場は大量供給の影響で空室率が上昇-不動産クォータリー・レビュー2023年第3四半期】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

東京オフィス賃料は下落継続。物流市場は大量供給の影響で空室率が上昇-不動産クォータリー・レビュー2023年第3四半期のレポート Topへ