中村 亮一

保険研究部 取締役 研究理事 兼 年金総合リサーチセンター長

中村 亮一(なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 保険会計・計理
自己紹介

保険会社の会計・計理・商品・リスク管理等に関する事項について、国際的な監督規制・会計基準の動向やそれらを踏まえた日本及び諸外国における対応等を中心に研究しています。保険会社の経営における財務上の諸問題について、一助となる情報発信をしていければと考えています。

経歴 【職歴】
 1982年 日本生命保険相互会社入社
 2007年 日本生命保険相互会社保険計理人
 2015年 ニッセイ基礎研究所(現職)

【委員会委員等】
 企業会計基準委員会(ASBJ)委員(2007年~2009年〕、同志社大学大学院商学研究科非常勤講師(2007年~2010年)、東京大学大学院数理科学
 研究科非常勤講師(2012年~ )

【加入団体等】
 日本アクチュアリー会 正会員
 日本保険学会 会員

中村 亮一のレポート

2018年01月22日

EUソルベンシーIIにおけるLTG措置等の適用状況とその影響(1)-EIOPAの2017報告書の概要報告-

57668_ext_03_0_S.jpg

EIOPA(欧州保険年金監督局)は、2017年12月21日に、「長期保証措置と株式リスク措置に関する報告書2017(Report on long-term gu...

続きを見る

2018年01月15日

欧州保険会社の利回り追求に向けた投資行動の傾向に関するEIOPAによる調査報告書

57623_ext_03_0_S.jpg

EIOPA(欧州保険年金監督局)は、2017年11月16日に、過去5年間の欧州保険会社の投資行動の傾向を分析した調査結果である「投資行動報告書(Inves...

続きを見る

2018年01月09日

EIOPAが2016年SFCR(ソルベンシー財務状況報告書)に関する分析結果を公表

57527_ext_03_0_S.jpg

ソルベンシーII制度の下で2016年に初めて作成・公表されたSFCR(Solvency and Financial Condition Report:ソルベンシー...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

中村 亮一のパブリシティ

著書

  • アジアの生命保険市場-現状・変化と将来展望
    アジアの生命保険市場-現状・変化と将来展望
    著書:
    ニッセイ基礎研究所(編)
    出版社:
    文眞堂
    発行年月:
    2017年10月
    定価:
    ¥3,400(税抜き)

     

    ※当研究所、平賀富一・三尾幸吉郎・片山ゆき・中村亮一・斉藤誠・松岡博司・小林雅史・金明中が執筆。


    アジアの経済発展の中、各国の生保市場は急速に拡大・変化している。今や、欧米日企業のみならずアジアの地場有力企業も交えた競争が激化し、革新的な生保商品や販売チャネル・手法が続々と導入されている。他方、各市場の発展の格差・ひずみなど諸課題を克服しつつ、消費者ニーズに応えた健全な市場としての発展も求められている。各市場を巡る重要ポイントをニッセイ基礎研が分析・解説する

著書をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る