パブリシティ

イベント(シンポジウムのご紹介)

2003年度

テーマ 21世紀の金融システムはどのように進化すべきか
日時 2003年10月
場所
基調講演者
池尾 和人氏 慶応義塾大学 経済学部教授
パネリスト
池尾 和人氏  
川本 裕子氏 マッキンゼー・アンド・カンパニーシニア・エクスパート
西村 吉正氏 早稲田大学アジア太平洋研究科・経営大学院教授
吉冨 勝氏 前アジア開発銀行研究所所長
  国際協力銀行開発金融 研究所客員研究員
コーディネーター
嶌 信彦氏 ジャーナリスト

議事録

過去の実績一覧

書籍出版

  • THE FUTURE OF WELFARE STATE IN EAST ASIA
    THE FUTURE OF WELFARE STATE IN EAST ASIA
    著者:
     
    出版社:
    Edited by Naomi Miyazato
    発行年月:
    2018年03月
    定価:
    ¥4,200(税抜き)
    研究員:
    金 明中 生活研究部

    ※当研究所 金 明中が、第2章「The Current Status of the Earned Income Tax Credit in Korea and the Implication to Japan: Earned Income Tax Credit or Reduced Tax Rate?」を執筆。


    社会保障・社会福祉制度は、近代社会・産業資本主義社会の発展により必要とされるようになったものであり、その進展と密接に関連している。東アジアでは、急激な近代化・産業化による地域間の不平等、また急速に進む少子高齢化が特徴として掲げられる。また、社会福祉の担い手として、地域社会、家族への依存も高い。本書は、日本を含め韓国、中国、台湾を主な調査対象とし、東アジアにおける持続可能で効率的な社会保障・福祉制度を考察する。

  • 図解入門 よくわかる 最新 年金の傾向と対策
    図解入門 よくわかる 最新 年金の傾向と対策
    著者:
    ニッセイ基礎研究所 年金総合リサーチセンター(著)
    出版社:
    秀和システム
    発行年月:
    2018年02月
    定価:
    ¥1,300(税抜き)
    研究員:
    德島 勝幸 金融研究部
    中嶋 邦夫 保険研究部
    安井 義浩 保険研究部
     

    ※当研究所、中村亮一・德島勝幸・中嶋邦夫・安井義浩が執筆。


    老後の生活は、誰もが不安に思っています。その原因は、年金制度が複雑で直観的に理解することが難しいからです。本書は、老後の所得に不安を抱いているあなたのために、公的年金制度の基礎から老後のための資産運用まで最新の情報を図解でわかりやすく解説した入門書です。公的年金制度の仕組みや、年金額の確認方法、働き方で変わる加入タイプ、投資による資産運用、NISAやiDeCoで資産形成など、年金と運用のすべてがわかります!

  • マイナス金利と年金運用
    マイナス金利と年金運用
    著者:
    宮井 博/鈴木 誠/米澤 康博/山本 零/柳瀬 典由/徳島 勝幸/大野 早苗(著)
    出版社:
    きんざい
    発行年月:
    2017年12月
    定価:
    ¥2,000(税抜き)
    研究員:
    德島 勝幸 金融研究部

    ※当研究所の德島勝幸が、第6章「マイナス金利による債券市場のゆがみと円金利資産投資への影響 」を執筆。


    マイナス金利下での年金運用のあるべき姿を提言!

    日本の確定給付型の企業年金は、一定の年金額を従業員に対して約束している。したがって、企業・従業員が支払う掛金を積み立てた年金資産はその負債を上回るように運用されなければならない。低金利環境の継続、マイナス金利への移行は、確定給付型の企業年金の運営に対して深刻な問題を突き付けている。

    本書では、日本の企業年金制度の現状、企業年金財政の現状、海外におけるマイナス金利化に伴う年金資産運用の変化、ファイナンス理論に基づいた年金財政の運営モデルの提示、マイナス金利下での資産構成割合に応じた年金財政のシミュレーション、母体企業の経営者の行動についての実証研究、マイナス金利政策による日本の債券市場の変化といった論点が幅広く取り上げられている。

    さらに、マイナス金利への対応として広がった円債からヘッジ付き外債投資へのシフトについては、とくに米ドルと日本円の間において、理論的には内外金利差によって規定されるはずのヘッジコストが実際には金利平価よりも高止まりしているという事実に注目し、その要因を統計的な手法を用いて分析している。日本の企業年金の現在および将来の姿を知りたい人にとって必読の文献である。

書籍出版一覧

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル 執筆者
2018年
05月19日
産経新聞 朝刊 9面 消費者物価 2ヵ月連続伸び縮小 企業、値上げに慎重 経済研究部
斎藤 太郎
2018年
05月17日
読売新聞 朝刊 9面 米経済堅調 円安進む 110円台 利上げ加速 見方広がる 経済研究部
上野 剛志
2018年
05月17日
日本経済新聞 朝刊 2面 景気回復もリスク点在 民間予測は今年度1.1%成長も 経済研究部
斎藤 太郎

新聞掲載一覧

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル 執筆者
2018年
05月21日
ダイヤモンドZAi 145-151P 日本国 どこから来てどこへ行くのか 「働き方改革の進展で日本の雇用が激変する日」 生活研究部
金 明中
2018年
05月18日
時事通信 〔週間外為見通し〕 ドル円、米住宅指標で弱含みも 経済研究部
上野 剛志
2018年
05月18日
東洋経済日報 4面 曲がり角の韓国経済(31) 韓半島に春が来ることを願う-板門店宣言の履行で大きな経済効果発生に期待 生活研究部
金 明中

雑誌等掲載一覧

講演・学会報告

講演日 タイトル 主催 講演者
2018年
05月21日
第27回 CBAセミナー 「『WeWorkのビジネスモデルとオフィスビル市場への影響』~WeWorkが示した不動産テックの活用手法とその本質~」 一般財団法人日本ビルヂング経営センター 金融研究部
佐久間 誠
2018年
05月19日
日経Wアカデミー 「人気ストラテジスト直伝『株式投資の極意』」 日本経済新聞社 金融研究部
井出 真吾
2018年
05月17日
産業懇談会第3木曜グループ 「分断深まる欧州 現状と展望」 経済同友会 経済研究部
伊藤 さゆり

講演・学会報告一覧

TV出演

放送日 番組名 内容 出演者
2018年
05月19日
BS12 Twellv 「マーケット・アナライズ plus+」 コメンテーター 総合政策研究部
矢嶋 康次
2018年
05月12日
BSジャパン 「日経プラス10サタデー ニュースの疑問」 史上初の米朝首脳会談で何が・・・?/トランプ大統領、イラク核合意離脱で揺れる中朝情勢/加計問題、参考人招致で「記憶が蘇る?」 コメンテーター 総合政策研究部
矢嶋 康次
2018年
05月12日
BS-TBS 「週刊報道 Biz Street」 決算発表 経営者の強気と弱気 金融研究部
井出 真吾

TV出演一覧

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る