2019年12月04日

インド経済の見通し~19年度後半は景気底入れも、内外需の停滞で低成長が継続、20年度は農村部の需要回復で景気上向きへ(2019年度+5.2%、2020年度+6.3%)

経済研究部 准主任研究員   斉藤 誠

アジア・新興国 経済予測・経済見通し などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • インド経済は7-9月期の成長率が+4.5%となり、6年半ぶりの低水準を記録した。
     
  • 7-9月期は消費の持ち直しと公的部門による景気の下支えがあったものの、製造業や建設業を中心とする民間企業の投資が減退、輸出も減少した。政府は8月と9月に景気刺激策を打ち出したが、昨年から続く景気減速を食い止めるには至らなかった。
     
  • 当面は内外需が停滞し、19年度が+5.2%成長と、18年度の+6.8%成長から大きく減速するだろうが、20年度は農村部の需要回復や輸出の底打ち、政府と中銀の景気下支え策の効果発現などにより+6.3%成長まで回復すると予想する。

■目次

・経済概況:投資減速で2013年以来の低成長
・経済見通し: 景気は底入れも、回復は遅れる見通し
・(為替の動向)ルピー弱含みが続く
・(物価の動向)当面は食品価格を中心に高めで推移するが、徐々に物価安定へ
・(金融政策の動向)景気下支えに向けて利下げを継続
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

経済研究部   准主任研究員

斉藤 誠 (さいとう まこと)

研究・専門分野
アジア・新興国経済

アクセスランキング

レポート紹介

【インド経済の見通し~19年度後半は景気底入れも、内外需の停滞で低成長が継続、20年度は農村部の需要回復で景気上向きへ(2019年度+5.2%、2020年度+6.3%)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

インド経済の見通し~19年度後半は景気底入れも、内外需の停滞で低成長が継続、20年度は農村部の需要回復で景気上向きへ(2019年度+5.2%、2020年度+6.3%)のレポート Topへ