経済研究部

経済研究部

研究・専門分野

  • twitter
  • Facebook
  • B!
  • LINE

経済研究部のレポート

2020年11月05日

Medium-Term Economic Outlook (Fiscal Years 2020 to 2030)

The global economy is recovering slowly after plunging sharply due to the novel coronaviru...

続きを見る

2020年10月13日

中期経済見通し(2020~2030年度)


世界経済は新型コロナウイルス感染症の影響で急速に落ち込んだ後、緩やかに持ち直している。2020年の世界の実質GDP成長率は▲4.8%となり、世界金融危機(...

続きを見る

2019年10月15日

中期経済見通し(2019~2029年度)


世界経済は製造業を中心に減速している。2019年の世界の実質GDP成長率は3%程度となり、世界金融危機以降では最も低い伸びにとどまることが見込まれる。20...

続きを見る

2018年10月12日

中期経済見通し(2018~2028年度)


2008年秋のリーマン・ショックをきっかけとした世界金融危機が発生してから10年が経過した。先進国のGDPギャップは2018年には10年ぶりにプラスに転じ...

続きを見る

2017年10月13日

中期経済見通し(2017~2027年度)


世界経済は緩やかな回復が続いているが、労働需給が引き締まる中でも賃金、物価上昇率は依然として低水準にとどまっている。今後10年間の平均成長率は先進国では過...

続きを見る

2016年10月14日

中期経済見通し(2016~2026年度)


世界経済は低成長が続いている。先進国の成長率は低水準ながら持ち直しているが、中国をはじめとした新興国の成長率が急低下している。今後10年間の平均成長率は先...

続きを見る

2015年10月09日

中期経済見通し(2015~2025年度)

【要旨】世界経済は新興国を中心に減速している。世界経済に占める新興国の割合(ドルベース)は上昇を続けてきたが、2015年は景気減速とドル高の影響から低下す...

続きを見る

2014年10月16日

中期経済見通し(2014~2024年度)~需要不足と供給力低下に直面する世界経済

世界経済は回復基調が続いているが、そのペースは依然として緩慢なものにとどまっており、主要先進国のGDPギャップはリーマン・ショック以降、ほぼ一貫してマイナ...

続きを見る

2013年11月08日

中期経済見通し(2013~2023年度)-日本経済再生への道筋

■要旨リーマン・ショックから5年が経過した。この間、先進国の景気回復ペースが緩やかにとどまる一方、新興国が相対的に高い成長を維持したため、この5年間で世界...

続きを見る

2013年10月11日

中期経済見通し(2013~2023年度)~ 日本経済再生への道筋

リーマン・ショックから5年が経過した。この間、先進国の景気回復ペースが緩やかにとどまる一方、新興国が相対的に高い成長を維持したため、この5年間で世界経済に...

続きを見る

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る