2022年05月18日

世界の金融規制当局はコロナ・ショックにどう対応したか

総合政策研究部 エグゼクティブ・フェロー   氷見野 良三

このレポートの関連カテゴリ

金融政策 世界経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

コロナ禍が経済に与える影響については、最近でも中国でのロックダウンの影響が拡大するなど、依然先を見通すことは難しい。コロナの残した様々なマイナスの影響が払拭されるまでには、更に時間を要するものと見込まれる。したがって、コロナ・ショックに対する金融規制監督上の対応についても、総括を試みるのは時期尚早だ。ただ、世界的なコロナ禍の本格化から2年余りを経て、当初の緊急対応については振り返りが可能になっているのではないかと考える。

筆者はコロナ禍本格化当時、当局者間の国際的なフォーラムの議長を務めていた。当時の経験も含め、国際的な対応の面を中心に、我が国での対応も参照しつつ、中間的な整理を試みてみたい。

■目次

1――4つの懸念
2――オペレーショナル・リスクへの対応
3――市場リスク・流動性リスクへの対応
4――つなぎ資金の供給と信用リスクへの対応
5――国際連携
6――振り返り
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

総合政策研究部   エグゼクティブ・フェロー

氷見野 良三 (ひみの りょうぞう)

研究・専門分野
国際金融規制、比較金融危機、金融行政

アクセスランキング

レポート紹介

【世界の金融規制当局はコロナ・ショックにどう対応したか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

世界の金融規制当局はコロナ・ショックにどう対応したかのレポート Topへ