2022年03月08日

花粉症は海外でも増加

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任 村松 容子

このレポートの関連カテゴリ

文字サイズ

■要旨

(一財)日本気象協会の「春の花粉飛散予測(第4報)」によると、今シーズンの花粉飛散量は、九州や東北は地域差が大きく、四国、中国、近畿の飛散量は少なく、東海、北陸、関東甲信、北海道は前シーズンより多い見込みだと言う。花粉症の患者は増加しており、今では国民全体の4割とも言われている。現在、スギやヒノキについて、花粉が少ない品種に植え替えが進められているが、花粉症患者は一向に減る様子はない。花粉症の問題は海外も同様で、有病者は増加しているという。

本稿では、花粉症をめぐる最近の動きとして、有病率の変化と、国や企業における取組を紹介する。

■目次

1――国内の花粉症の有病者は増加
2――海外でも花粉症有病率は上昇
3――国の対策
4――企業の対策
Xでシェアする Facebookでシェアする

このレポートの関連カテゴリ

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療、生保市場調査

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【花粉症は海外でも増加】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

花粉症は海外でも増加のレポート Topへ