2021年08月16日

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.3%)-2四半期ぶりのプラス成長も、均してみれば停滞が続く

経済研究部 経済調査部長   斎藤 太郎

経済予測・経済見通し QE速報・予測 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  1. 2021年4-6月期の実質GDPは、前期比0.3%(年率1.3%)と2四半期ぶりのプラス成長となった(当研究所予測7月30日:前期比0.4%、年率1.5%)。
     
  2. 外需寄与度が前期比▲0.3%(年率▲1.3%)と2四半期連続のマイナスとなったが、緊急事態宣言下でも民間消費(前期比0.8%)、住宅投資(同2.1%)、設備投資(同1.7%)の国内民間需要がいずれも増加し、外需の落ち込みをカバーした。
     
  3. 2021年4-6月期はプラス成長となったが、1-3月期の落ち込み(前期比▲0.9%、年率▲3.7%)を取り戻していない。日本経済は2020年4-6月期に過去最大のマイナス成長となった後、2四半期連続で前期比年率二桁の高成長を記録したが、緊急事態宣言が再発令された2021年入り後は停滞が続いている。
     
  4. 7-9月期も緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が実施されていることから、民間消費は低迷を続ける可能性が高い。一方、海外経済の回復を背景に輸出は堅調を維持し、緊急事態宣言の影響を受けにくくなっている住宅投資、設備投資も増加を続けるだろう。
     
  5. 現時点では7-9月期の実質GDPは前期比年率0%台後半の伸びを予想しているが、経済活動の水準が低いことを踏まえれば緩やかな成長にとどまる。実質GDPの水準はコロナ後のピーク(2020年10-12月期)にも届かないだろう。
実質GDP成長率の推移
■目次

●4-6月期は前期比年率1.3%と2四半期ぶりのプラス成長
  <需要項目別の動き>
  ・2021年7-9月期も低迷が続く
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

経済研究部   経済調査部長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

アクセスランキング

レポート紹介

【QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.3%)-2四半期ぶりのプラス成長も、均してみれば停滞が続く】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.3%)-2四半期ぶりのプラス成長も、均してみれば停滞が続くのレポート Topへ