2020年06月05日

オンライン診療を巡る議論を問い直す-初診対面原則の是非だけに囚われない視点を

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   三原 岳

医療・介護制度改革 医療保険制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナウイルスを受けた制度改正として、オンライン診療を巡る規制が緩和された。それまでは初診を対面で対応した患者に限定する「初診対面原則」が導入されていたが、院内感染などを防ぐ観点に立ち、この原則が事実上、時限的に撤廃された。さらに、コロナ収束後の「ポスト・コロナ」を巡る議論ではオンライン診療を拡大させる観点に立ち、特例の恒久化を求める意見が出始めた。

しかし、初診対面原則は本当に不要なのだろうか。さらに、オンライン診療は政策の方法論に過ぎず、単に「コロナの後には戻れない」といったムードに乗った議論ではなく、その目的やメリット、デメリットを整理する必要がある。

そこで、本レポートではポスト・コロナを意識しつつ、オンライン診療を巡る議論を問い直す。具体的には、現在は初診対面原則の是非だけに囚われている感があるため、医療制度の議論で良く使われる「アクセス」「コスト」「質」の3点について整理し、質の低下やコスト増を招く危険性を含めて、オンライン診療の利害得失を論じる。その上で、患者の利便性を図るアクセスの側面だけに注目するのではなく、医療制度の基本である患者―医師の信頼関係を構築する方向で、オンライン診療を拡大する制度改正を提案する。

■目次

1――はじめに~オンライン診療を巡る議論を問う~
2――オンライン診療の現状
3――オンライン診療の制度改正を巡る経緯
  1|2018年度以降の動き
  2|国家戦略特区諮問会議のやり取り
  3|経済財政諮問会議のやり取り
  4|何のためにオンライン診療が導入、拡充されたのか
4――オンライン診療の利害得失を再考
  1|医療を巡る鉄の三角形
  2|アクセス
  3|質
  4|コスト
  5|初診対面原則は不要か?
5――オンライン診療に関する制度改正の方向性(私見)
  1|事前の初診対面を義務化
  2|他の制度改革との整合性
6――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

三原 岳 (みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

アクセスランキング

レポート紹介

【オンライン診療を巡る議論を問い直す-初診対面原則の是非だけに囚われない視点を】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

オンライン診療を巡る議論を問い直す-初診対面原則の是非だけに囚われない視点をのレポート Topへ