2020年04月22日

成功報酬型の医薬品価格設定-効いたときにだけ薬剤費を支払う仕組みの課題とは?

保険研究部 主席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   篠原 拓也

医療・介護制度改革 医療保険制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

近年、医療費の増大が進んでいる。その要因に、薬剤費があげられることがある。欧米では、新薬の価格設定に成功報酬を導入するケースが増えている。もし日本でも成功報酬が導入されれば、高額医薬品の薬剤費が抑えられるのではないか、との声も一部にある。しかし、現在のところ、日本ではその議論は進んでいない。

本稿では、欧米での成功報酬型の価格設定を概観して、その特徴や課題をみていくこととする。

■目次

1――はじめに
2――各国の薬剤価格
3――成功報酬型導入の動き
  1|欧米では医薬品メーカーと保険者等の交渉の結果、成功報酬型が導入される
  2|アメリカでは法制度が見直され、成功報酬型拡充の環境が整いつつある
  3|医薬品の価値が不確実な場合でも市場投入できる
4――成功報酬型導入の課題
  1|医薬品メーカーは保険会社等との契約交渉が必要
  2|成功の定義づくりが簡単ではない
  3|同じ医薬品でも病気の種類によって価格が異なることがある
  4|成功報酬型の価格設定には実務上の課題も数多く残されている
5――成功報酬型の事例
6――おわりに (私見)
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品・計理、共済計理人・コンサルティング業務

アクセスランキング

レポート紹介

【成功報酬型の医薬品価格設定-効いたときにだけ薬剤費を支払う仕組みの課題とは?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

成功報酬型の医薬品価格設定-効いたときにだけ薬剤費を支払う仕組みの課題とは?のレポート Topへ