2019年11月05日

子どもの骨折増加に2つの側面

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   村松 容子

医療保険制度 子ども・子育て支援 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

(独法)日本スポーツ振興センターの「学校の管理下の災害」によると、子どもの骨折がこの10年間で1.5倍に増加している。本稿では、骨折率の推移を紹介し、その背景として考えられている子どものロコモ(ロコモティブシンドローム)と、部活動などによけるオーバーユース(練習しすぎ)について紹介する。

■目次

1――学校での骨折は30年前の1.5倍
2――小学生は休み時間。中高生は部活動。
3――子どもの骨折増加に2つの側面
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療、生保市場調査

アクセスランキング

レポート紹介

【子どもの骨折増加に2つの側面】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

子どもの骨折増加に2つの側面のレポート Topへ