2019年02月12日

ベーシック 米国生保業界の概要(3)米国生保業界のプレーヤー2017-米国生命保険協会のファクトブック掲載データから-

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   松岡 博司

このレポートの関連カテゴリ

欧米保険事情 保険会社経営 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

米国生保協会の『ファクトブック』を主な情報源に「米国生保協会が消費者に伝えたいと描く自画像」を見るシリーズの第3回。「米国生保業界のプレーヤー」について。

米国生保市場における事業者数は781(2017年末現在)。わが国の生保会社数41社(2019年1月現在)に比べ格段に数が多い 。

しかし、米国における生保事業者数は右下がりで減少中。ピーク時(1988年)からは3分の1程度の水準となっている。

生保事業者の75%が株式会社形態、14%が相互会社形態、10%がフラターナル組合形態。

米国市場における外資系生保の数は107社(2017年末)。

全生保会社に占める外資系生保会社の数は13.7%。

外資系生保107社のうち15社が日本の会社を親会社とする生保会社である。

■目次

はじめに
1―― 米国生保市場における事業者数
  1|非常に多い事業者数
  2|事業者数は長期推移では減少トレンド
2――生保事業者の組織形態
  1|主な生保事業者の組織形態
  2|各組織形態ごとのシェア
3――外資系生保会社 
4――連邦政府による軍人向け保険の提供、仲介
5――保険事業者の雇用
さいごに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

レポート

アクセスランキング

【ベーシック 米国生保業界の概要(3)米国生保業界のプレーヤー2017-米国生命保険協会のファクトブック掲載データから-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ベーシック 米国生保業界の概要(3)米国生保業界のプレーヤー2017-米国生命保険協会のファクトブック掲載データから-のレポート Topへ