2015年11月10日

欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) イタリアの生命保険市場―欧州危機を乗り越えて成長する貯蓄・投資商品中心のマーケット―

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

■要旨

イタリアの生保市場は規模で世界第6位に位置する生保マーケットである。
金融危機時とその後の欧州債務危機時、イタリアの生保業界は業績悪化に見舞われたが、その都度、回復し、2013年以降は好業績を享受している。
最近の業績好調の主な理由は、低金利状態が継続する中、投資家の関心が、銀行預金等から、中期貯蓄・投資手段としての生命保険へ移動したこと。
イタリアでは生保商品は、保障商品としてではなく、中期の貯蓄・投資商品として販売されている。
そのため、販売チャネル面でも、バンカシュランス、ファイナンシャルプロモーター(アドバイザー)という、貯蓄・投資商品の販売に適したチャネルが活用されている。

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

(2015年11月10日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) イタリアの生命保険市場―欧州危機を乗り越えて成長する貯蓄・投資商品中心のマーケット―】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) イタリアの生命保険市場―欧州危機を乗り越えて成長する貯蓄・投資商品中心のマーケット―のレポート Topへ