2021年04月08日

新型コロナ第4波の懸念が高まる-人の移動制限強化により不動産市場にも影響波及の恐れ

金融研究部 准主任研究員   佐久間 誠

新型コロナ経済影響 不動産市場・不動産市況 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナウイルスの感染が再拡大し、第4波の懸念が高まっている。これまでの感染拡大局面では東京を中心に感染者が増加したが、現在は大阪府や宮城県を中心に増加している。また、関西では感染力が強いとされる英国型変異株の感染が拡大している。今後もコロナ感染が拡大した場合は、人出を制限するなどして、経済活動の減速を余儀なくされ、その影響は不動産市場に波及する恐れがある。

■目次

1――はじめに
2――懸念が高まる新型コロナ感染第4波
【参考資料】 各都道府県の新型コロナウイルスの感染状況の比較
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   准主任研究員

佐久間 誠 (さくま まこと)

研究・専門分野
不動産市場、金融市場、不動産テック

アクセスランキング

レポート紹介

【新型コロナ第4波の懸念が高まる-人の移動制限強化により不動産市場にも影響波及の恐れ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新型コロナ第4波の懸念が高まる-人の移動制限強化により不動産市場にも影響波及の恐れのレポート Topへ