2020年08月05日

「東京一極集中の是正」を掲げる「地方創生」戦略

総合政策研究部 研究員   鈴木 智也

新型コロナウイルス 日本経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

7月17日、地方創生に向けた施策の基本的な方向性をまとめた「まち・ひと・しごと創生基本方針2020」が閣議決定された。同方針には、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて、「新たな日常」を支える地域社会を構築し、「東京一極集中」の是正を、一層進めて行く方針が掲げられている。
 
本稿では、第二次安倍内閣の看板政策である「地方創生」の取組みを整理し、コロナ禍で改めて注目される「東京一極集中」の問題が、実は1960年代以降、日本における主要課題であり続けて来たことを示したうえで、足元の変化が大きな潮流へとつながる可能性について考察する。

■目次

1――安倍内閣の 「地域活性化」 政策
  1|「地方創生」=「ローカル・アベノミクス」の中心戦略
  2|まち・ひと・しごと創生総合戦略 ~概要と評価~
2――歴代政権が抱え続ける「東京一極集中の是正」という課題
  1|試行錯誤が続く現状
  2|コロナ危機が「転機」になる可能性
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

総合政策研究部   研究員

鈴木 智也 (すずき ともや)

研究・専門分野
日本経済・金融

アクセスランキング

レポート紹介

【「東京一極集中の是正」を掲げる「地方創生」戦略】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「東京一極集中の是正」を掲げる「地方創生」戦略のレポート Topへ