2018年04月17日

働き方改革で家庭での男性活躍推進を~企業に期待される少子化対策の取り組みは(下)~

社会研究部 准主任研究員   坊 美生子

人手不足・働き方改革 雇用・人事管理 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

結婚、出産後も働く女性が増えた一方で、家庭において、家事・育児の大部分を女性が担う構造は過去20年間ほとんど変わっておらず、女性の負担が大きくなっている。一方で、男性も働く時間が長くなっており、家庭に時間を割くことが難しい。結果的に、過去13年で子どもの人数がゼロ、一人という夫婦が増えた。このままの状況が続けば、第二子以降の出生がますます抑制されるリスクがある。このような状況で企業に求められる取り組みとは、男女に関わらず、社員が仕事と家庭を両立しやすい職場環境を整備することである。政治にもその旗振りを期待したい。

■目次

1――はじめに
2――男性の行動と少子化
  1|夫の家事・育児時間の不足が少子化に与える影響
  2|夫婦の負担増と家族構成の変化
   (1)職場と家で働く時間は過去20年間で夫、妻ともに1時間近く増加
   (2)子どもの数がゼロ、一人の夫婦の割合が増加
  3|男性の仕事と家庭の両立の状況
   (1)低迷する育児休業取得率
   (2)長時間労働が背景に
3――企業に求められる少子化対策
  1|男性社員にも仕事と家庭の両立支援を
  2|政治のリーダーシップを期待
4――むすびにかえて~家庭における男性の活躍推進で夫婦に余裕を~
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
57058_ext_01_0.jpeg

社会研究部   准主任研究員

坊 美生子 (ぼう みおこ)

研究・専門分野
住宅政策、まちづくり、労働、社会保障

レポート

アクセスランキング

【働き方改革で家庭での男性活躍推進を~企業に期待される少子化対策の取り組みは(下)~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

働き方改革で家庭での男性活躍推進を~企業に期待される少子化対策の取り組みは(下)~のレポート Topへ