2016年04月22日

欧州経済の不安材料-マイナス金利の副作用、BREXIT、ギリシャ危機再燃

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■要旨
  1. FRBの利上げ見通しの後退を背景にドル高が修正、原油価格が反転、新興国からの資本流出、通貨下落への圧力が緩和している。
     
  2. ドル高の修正という大きな流れの中で、日本とユーロ圏では、金融緩和策を強化しても通貨高圧力が続いている。行過ぎたドル高の修正が米国と中国を含む新興国の多くに安定化の効果をもたらすのであれば、日欧にとってもマイナス面ばかりではない。
     
  3. この先も世界経済と金融市場の安定が続くか否かは、FRBの金融政策の舵取りや中国の政策運営に負う部分が大きいが、欧州域内にも様々なリスクがある。
     
  4. 14年6月以降の金融緩和の強化は、これまでのところ効果を発揮してきたが、副作用が表面化する兆候も現れ始めている。
     
  5. 6月23日に予定されているEU残留か離脱かを問う英国の国民投票も予断を許さない。離脱の場合の影響は、離脱交渉の内容やスピード次第だが、投票結果が離脱多数の場合、不透明感を嫌うポンド売りが加速しそうだ。
     
  6. ギリシャ危機再燃も夏場に向けたリスクだ。昨年8月に始動した第3次支援の第1回審査は難航している。7月20日のECB等が保有する23億ユーロの国債の償還期限までに審査を合格し、返済原資を獲得できるのか危ぶまれ始めている。
主要通貨の名目実効為替相場
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済の不安材料-マイナス金利の副作用、BREXIT、ギリシャ危機再燃】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済の不安材料-マイナス金利の副作用、BREXIT、ギリシャ危機再燃のレポート Topへ