2023年10月26日

インドの生命保険会社の状況-2022年度の決算数値を踏まえての成長性・効率性・収益性・健全性等の動向-

文字サイズ

■要旨

インドの生命保険会社を巡る状況等については、これまでもいくつかのレポートで定期的に報告してきている。

生命保険会社各社は、Public Disclosureとして、四半期毎に決算数値の公表を行っている。また、インドの保険監督当局であるIRDAI(Insurance Regulatory and Development Authority of India:インド保険規則開発局)は、毎年12月から翌年の1月にかけて、Annual Reportを作成して、前年度の決算に基づく業界全体の数値等を報告している。

今回のレポートでは、国営生命保険会社であるLICと規模で上位の民間外資系生命保険会社の5社について、2022年度決算ベースの各社のPublic Disclosures資料の数値に基づいて、その成長性・効率性・収益性・健全性等の状況について報告する。また、併せて、インドにおける新たなソルベンシー規制の導入とIFRS第17号の適用を巡る状況について、簡単に報告する。

なお、現段階においては、IRDAIの2022年度のAnnual Reportは未公表のため、業界全体の最新数値は2021年度となっている。

■目次

1―はじめに
2―収入保険料の状況
3―経営効率の状況
  1|継続率
  2|事業費効率
  3|運用利回り
4―収益性の状況
  1|会社全体の収益状況
  2|商品種類別の収益状況
5―健全性等の状況
  1|責任準備金の計算基礎
  2|ソルベンシー比率(Solvency Ratio)
  3|剰余の分配(契約者配当)の状況
6―EV(Embedded Value)
  (参考)LICによる剰余金の配分方針の変更とファンドの分離(bifurcation)
7―新たなソルベンシー規制の導入とIFRS第17号の適用を巡る状況
  1|RBC制度の導入
  2|IFRS第17号の適用の検討
8―まとめ
Xでシェアする Facebookでシェアする

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【インドの生命保険会社の状況-2022年度の決算数値を踏まえての成長性・効率性・収益性・健全性等の動向-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

インドの生命保険会社の状況-2022年度の決算数値を踏まえての成長性・効率性・収益性・健全性等の動向-のレポート Topへ