2023年08月25日

成約事例で見る東京都心部のオフィス市場動向(2023年上期)-「オフィス拡張移転DI」の動向

金融研究部 主任研究員 佐久間 誠

文字サイズ

■要旨

本稿では、三幸エステートとニッセイ基礎研究所の共同研究の一部であるオフィス拡張移転DIを中心に、2023年上期の企業のオフィス移転動向を概観した。

東京のオフィス拡張移転DIをビルクラス別・業種別に分析することで、以下3点がわかった。

(1)オフィス拡張移転DIは、2023年第1四半期にコロナ禍前の水準を一時的に回復したものの、第2四半期は反落しており、オフィス需要は依然として力強さは欠ける

(2)ビルクラス別では、BクラスビルとCクラスビルがコロナ禍前の水準を回復した一方、Aクラスビルは頭打ちとなっている

(3)業種別では、コロナ禍前の水準を回復する業種がある一方、「製造業」と「情報通信業」が伸び悩んでおり、業種間の二極化が進行している。ただし、「製造業」と「情報通信業」のオフィス需要を抑制してきた一部要因は解消しつつある。
  ■目次

はじめに
1――企業のオフィス移転動向は活況
2――オフィス拡張意欲は急回復も一時的、回復ペースはビルクラス・業種間で二極化
  1|オフィス拡張移転DIはコロナ禍前水準を回復も一時的
  2| B・Cクラスビルはコロナ禍前水準を回復もAクラスビルは頭打ち
  3|コロナ禍前水準を回復する業種がある一方、「製造業」と「情報通信業」が伸び悩み
3――おわりに
【参考資料】
Xでシェアする Facebookでシェアする

金融研究部   主任研究員

佐久間 誠 (さくま まこと)

研究・専門分野
不動産市場、金融市場、不動産テック

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【成約事例で見る東京都心部のオフィス市場動向(2023年上期)-「オフィス拡張移転DI」の動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

成約事例で見る東京都心部のオフィス市場動向(2023年上期)-「オフィス拡張移転DI」の動向のレポート Topへ