2023年07月14日

2022年度 生命保険会社決算の概要

保険研究部 主任研究員 年金総合リサーチセンター・気候変動リサーチセンター兼任 安井 義浩

このレポートの関連カテゴリ

文字サイズ

■要旨

2022年度の生命保険会社全42社の業績を概観する。海外金利の上昇により外貨建保険の販売が増加したことで販売業績は好調であった。一方で、外貨建債券の時価が大きく減少し、含み損となった会社も多い。基礎利益については、ヘッジコスト(今回から基礎利益に含めることになった。)の増加により利差益部分が大幅に減少した。また新型コロナ関連の入院給付金支払いの大幅な増加により、危険差益も大きく減少した。

■目次

1――保険業績(全社)
2――大手中堅9社の収支状況
  1|資産運用環境と有価証券含み益
  2|基礎利益は大きく減少
  3|利差益も減少~算定方法の変更によるヘッジコストの負担増加~
  4|当期利益も減少~内部留保の割合は高いが、配当金額は相対的に増加
  5|ソルベンシー・マージン比率~高水準を維持、ESRの開示も一部の会社から始まる。
3――かんぽ生命の状況
4――トピックス
  1|外貨建資産・保険の動向
  2|基礎利益の算出方法の改定の中身について(補足)
Xでシェアする Facebookでシェアする

このレポートの関連カテゴリ

保険研究部   主任研究員 年金総合リサーチセンター・気候変動リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【2022年度 生命保険会社決算の概要】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2022年度 生命保険会社決算の概要のレポート Topへ