2022年03月30日

まるわかり“実質実効為替レート”~“50年ぶりの円安”という根深い問題

経済研究部 上席エコノミスト   上野 剛志

金融市場・外国為替(通貨・相場) 金融政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

昨年終盤以降、実質実効為替レート(以下、「実質実効レート」)に対する注目が高まっている。円の実質実効レートがおよそ50年ぶりの低水準にまで下落したことで、その悪影響への懸念が高まっているためだ。

筆者はかねてより、折に触れて実質実効レートをフォローしてきた1が、改めて注目が高まる今、意味合いや動向を解説したうえで、その背景や影響、先行きについて考察したい。
 
1たまにしか注目されないけれど、侮れない“実質実効レート”」(ニッセイ基礎研レポート 2015-06-30),
 「現在の円相場はこの20年で最も円安?」(年金ストラテジー (Vol.204) June 2013),
  「改めて問う“円高とは?”~実質実効レートでみる円相場」(ニッセイ基礎研レポート 2010年10月号)


■目次

1―実質実効為替レートの意味
  1|実質為替レートとは
  2|実効為替レートとは
2―実質実効レートの動向~50年ぶりの低水準に
3―実質実効レート下落の背景
  1|金融緩和の常態化
  2|国際収支構造の変化
4―実質実効レート下落の影響
  1|プラス面
  2|マイナス面
  3|問題の本質
5―実質実効レートの行方と求められること
  1|実質実効レートの行方
  2|実質実効レート下落に対して求められること
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

経済研究部   上席エコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融・為替、日本経済

アクセスランキング

レポート紹介

【まるわかり“実質実効為替レート”~“50年ぶりの円安”という根深い問題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

まるわかり“実質実効為替レート”~“50年ぶりの円安”という根深い問題のレポート Topへ