2021年12月21日

コロナ禍での介護費用額の動向-感染拡大は、介護サービス受給者の行動にどう影響したか?

保険研究部 主席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   篠原 拓也

新型コロナウイルス 介護保険制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナウイルス感染症は、第5波が去り、新規陽性者数が大幅に減少している。ただ、11月に出現したオミクロン株が、各国で、感染を再拡大させており、新たな懸念材料となっている。

そんななか11月に、厚生労働省は、2020年度の介護費用額等を公表した。そこには、昨年度、コロナ禍が介護に与えた影響が、さまざまなデータとして表示されている。

本稿では、そのデータをもとに、コロナ禍が介護費用額に与えた影響をみていくこととしたい。

■目次

1――はじめに
2――介護給付の全体像
  1|介護給付は、増加基調にある
  2|介護サービス給付は、施設等への入居が約半分を占めている
3――コロナ禍が介護給付に与えた影響
  1|通いと短期宿泊の費用額は2020年度に減少した
  2|通いと短期宿泊の費用額は緊急事態宣言発令時期に減少
  3|1人当たり費用額は増えている
4――おわりに (私見)
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品・計理、共済計理人・コンサルティング業務

アクセスランキング

レポート紹介

【コロナ禍での介護費用額の動向-感染拡大は、介護サービス受給者の行動にどう影響したか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

コロナ禍での介護費用額の動向-感染拡大は、介護サービス受給者の行動にどう影響したか?のレポート Topへ