2021年02月16日

中国の生命保険市場(2019年版)基礎データ【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(46)

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 2019年の中国生保市場は、2017年、2018年の市場の健全化を経て、成長が大幅に回復した。収入保険料は前年比13.8%増の3兆995億元で、日本円では約62兆円規模に相当する。中国の生保市場は直近5年間で2.4倍に拡大している。
     
  • 生保市場における商品構成や販売チャネルも市場の健全化策を受けて、2018年とほぼ同様に推移している。商品としては有配当保険が全体の4割を占め、次いで無配当保険が3割を占めた。医療保険も全体の2割を占めるまで拡大している。
     
  • 大手生保3社は中国人寿、平安人寿、太平洋人寿であった。特に平安人寿については、他社に先駆けて2014年に導入したフィンテック戦略が奏功しており、市場占有率が首位の中国人寿に肉薄しつつある。
     
  • 世界における中国生保市場の位置づけとしては、米国、日本についで3位となった。人口規模や地域の経済格差から保険の普及度合いは世界平均にさえ達していないものの、成長率は上位5か国のうち最も高く、今後の成長余地は大きいといえる。


■目次

1-市場概況
2-商品構成
3-販売チャネル構成
4-保険金、解約払戻金の支払い状況
5-主要な保険会社の業績状況
6-資産運用状況
7-収支状況
8-保険の地域別普及状況〔生損保合計〕
9-世界における中国生命保険市場の位置づけ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【中国の生命保険市場(2019年版)基礎データ【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(46)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国の生命保険市場(2019年版)基礎データ【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(46)のレポート Topへ