2020年05月12日

日本海溝・千島海溝における地震・津波想定の公表~災害・防災、ときどき保険(11)

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

このレポートの関連カテゴリ

震災・復興 都市計画 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

中央防災会議内の作業部会において、日本海溝・千島海溝沿いにおける最大クラスの地震・津波の想定が公表された。報告書では、各地での震度想定や津波の高さが示されたが、今後それらが精査されるとともに、あらたに設置されるワーキンググループにおいて、それに対応する防災計画などが検討される予定である。

■目次

1―はじめに~地域別の地震・津波への対応
2―日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震についての報告
  1|想定される最大規模の地震・津波の想定方法~予知ではなく津波の痕跡から
  2|津波発生の蓋然性~状況は切迫
  3|地震・津波の規模
3―新たなワーキンググループの設置
4―おわりに~今後の検討スケジュール
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

アクセスランキング

レポート紹介

【日本海溝・千島海溝における地震・津波想定の公表~災害・防災、ときどき保険(11)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本海溝・千島海溝における地震・津波想定の公表~災害・防災、ときどき保険(11)のレポート Topへ