2019年07月05日

現代消費文化を斬る-星に願いを-「ディズニー七夕デイズ」からみる短冊の意味-

生活研究部 研究員   廣瀨 涼

このレポートの関連カテゴリ

消費者行動 芸術文化 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

「笹の葉さらさら~」と、この季節になると七夕のメロディーが街で流れているのを耳にする。あなたは今年どんな願いを短冊に込めますか?七夕というと筆者は、昨年の七夕を鮮明に思い出す。昨年の七夕の時期に、七夕に関する研究の一環として、東京ディズニーランド、ディズニーシー、イクスピアリで合わせて15,000枚の短冊を一枚ずつ数え、リサーチしたからである。はたから見たら異様な光景かもしれないが、論文を書くのに必死だったあのころは、周りの目を気にしてなどいられなかった。だから、しばらくは短冊を見たくないなぁ、と思っていたけれども、結局、今年になっても短冊を書くブースを見つけると、ついつい自らの野望を書いてしまうのが短冊の魔力である。

本レポートは、そんな私の短冊リサーチをもとに書いた、この季節にぴったりのものと自負している。「東京ディズニーリゾート」で行われている七夕イベントに着目し、ディズニーランドで書かれる短冊と普通の短冊との内容を比較して、欧米文化である「ディズニー」の中で行われる日本の年中行事の意味を検証した結果について報告したい。

■目次

はじめに
1――あなたはディズニーで七夕を過ごしたことがありますか?
2――ディズニー化された七夕
3――短冊のリサーチ
4――短冊の分類と考察
5――個々の短冊内容の検証
6――結論
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

生活研究部   研究員

廣瀨 涼 (ひろせ りょう)

研究・専門分野
消費文化、マーケティング、ブランド論、サブカルチャー、テーマパーク、ノスタルジア

アクセスランキング

レポート紹介

【現代消費文化を斬る-星に願いを-「ディズニー七夕デイズ」からみる短冊の意味-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

現代消費文化を斬る-星に願いを-「ディズニー七夕デイズ」からみる短冊の意味-のレポート Topへ