2019年06月25日

平均退職年齢はすでに70歳~政府の就業率目標は低すぎる?~

経済研究部 経済調査部長   斎藤 太郎

健康経営 日本経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

6/21に閣議決定された「成長戦略実行計画」では、人生100年時代を見据えた70歳までの就業機会の確保が盛り込まれた。65歳定年を導入している企業の割合は2割以下、66歳以上働ける企業の割合は3割以下にとどまっているが、実際には4割近くの人が70歳になっても働いている。
 
年齢別の就業率をもとに推計した平均退職年齢は2018年には69.9歳(男性71.4歳、女性68.4歳)となった。平均値でみれば70歳まで働くという目標はすでに達成されているという見方も可能だ。
 
現在の70歳の平均余命は約18年だが、今から50年前は60歳の平均余命が18年だった。近年、注目度が高まっている健康余命が平均余命と同じように延びているとすれば、現在の70歳の健康状態は50年前の60歳に相当すると考えられる。
 
平均余命が18年の年齢における就業率は近年上昇を続けており、2018年(70歳)は36.0%となったが、今から約50年前の1970年(60歳)には60%を超えていた。平均余命や健康余命が延びていることを考慮すれば、高齢者は昔よりも長く働くことができるはずだ。
 
人口減少、少子高齢化は今後さらに加速することが見込まれるため、高齢者の継続雇用を一段と進めなければ、人手不足が日本の経済成長の制約要因となってしまう恐れがある。2025年までに65~69歳の就業率を現在よりも5%ポイント程度引き上げるという政府目標は低すぎるように思われる。

■目次

1――70歳までの就業機会の確保
2――平均退職年齢はすでに70歳
3――高齢者の就業率目標を引き上げ
4――延伸する平均余命と健康余命
5――「細く長く働く」社会へ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

経済研究部   経済調査部長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

アクセスランキング

レポート紹介

【平均退職年齢はすでに70歳~政府の就業率目標は低すぎる?~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

平均退職年齢はすでに70歳~政府の就業率目標は低すぎる?~のレポート Topへ