2019年06月07日

駐車場とまちの未来-自動運転の時代に駐車場は社会に必要なインフラとなり得るか?

社会研究部 都市政策調査室長・ジェロントロジー推進室兼任   塩澤 誠一郎

このレポートの関連カテゴリ

都市計画 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

自動運転の時代が足音を立てて近づいてきている一方で、その時代には必要なくなるとされている駐車場は、いまだ増え続けている。このような中、現在のまちの魅力を高めるためにも、完全自動運転が普及した社会に備える意味でも、駐車場をまちづくりの中でどのように取り扱うのかを具体的に検討しておくことは、今日的な重要なテーマである。

■目次

1――完全自動運転の普及に伴う課題
2――需要を超えて整備される駐車場
3――駐車場が散在することの弊害
4――駐車場の集約化を通じたまちづくり
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

64_ext_01_0.jpeg

社会研究部   都市政策調査室長・ジェロントロジー推進室兼任

塩澤 誠一郎 (しおざわ せいいちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、土地・住宅政策、文化施設開発

アクセスランキング

レポート紹介

【駐車場とまちの未来-自動運転の時代に駐車場は社会に必要なインフラとなり得るか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

駐車場とまちの未来-自動運転の時代に駐車場は社会に必要なインフラとなり得るか?のレポート Topへ