2018年08月06日

データで見る「東京一極集中」東京と地方の人口の動きを探る(上・流入編)-地方の人口流出は阻止されるのか-

生活研究部 研究員   天野 馨南子

人口動態 人口動態統計 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

今年発表された地域人口推計結果をその5年前に発表された推計結果と比較すると、メディア等ではあまり取り上げられなかったが「ある注視すべき不安要素」が浮かび上がる。
 
前回の結果では、30年後には47都道府県全エリアにおいて人口が減少する、という推計結果であった。
しかし、今回の推計では東京都だけは30年後の人口が2015年と比較して100%を超える水準で維持される、という驚くべき結果となったのである。
 
2010年の国勢調査結果をベースとした前回推計と、2015年の国勢調査結果をベースとした推計結果における30年後の「日本全体としての人口減少率」はあまり変化がない。
ということはつまり、東京への一極集中(地方の人口減少度合いの加速化)が5年間で強まった様子が見て取れる。
 
そこで本レポートでは2回にわけて、2017年の東京都へ46道府県からの最新の人口流出入を考察し、「東京一極集中の最新動向」を知るとともに、そこから見えてくる示唆を提示してみたい。

■目次

1――はじめに-2015年ベース「地域人口推計結果」は何を伝えたのか
  1|地域人口推計の推計方法についての解説
  2|社会純増率トップを独走する東京都
2――2017年・人々はどこから東京都へやってきたのか
3――2017年・東京都への移動にエリア別の男女差はあったのか
  1|最低出生率のはずの東京都の子どもがなぜ増えているのか
  2|男性より女性が多く東京都へ流れる5エリア
4――東京都と地方の協働により、日本の未来を変える視点を
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
39_ext_01_0.jpeg

生活研究部   研究員

天野 馨南子 (あまの かなこ)

研究・専門分野
少子化対策・女性活躍推進

レポート

アクセスランキング

【データで見る「東京一極集中」東京と地方の人口の動きを探る(上・流入編)-地方の人口流出は阻止されるのか-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

データで見る「東京一極集中」東京と地方の人口の動きを探る(上・流入編)-地方の人口流出は阻止されるのか-のレポート Topへ