2017年03月24日

【アジア・新興国】東南アジア・インドの経済見通し~17年は輸出・投資の復調で成長率は若干上昇

経済研究部 研究員   斉藤 誠

経済予測・経済見通し アジア・新興国 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
  1. 東南アジア5カ国およびインド経済は、内需主導の緩やかな成長が続いている。16年に入って資源価格が底打ちし、中国経済も底堅い推移を続けるなか、10-12月期には輸出が回復し、冷え込んだ民間投資にも持ち直しの動きが出てきている。一方で民間消費はインフレ率の上昇を受けて若干鈍化するなど需要構造には変化が見られる。
     
  2. 17年の消費者物価上昇率は資源高と通貨安に伴う輸入インフレを主因に上昇基調が続くだろう。もっとも経済は緩やかな成長に止まるほか、資源価格の上値が重たいことから年後半には物価の上昇ペースが落ち着いたものとなると考えられる。
     
  3. 先行きの金融政策は、物価の上昇傾向が続くとともに、米国の利上げペースの加速や欧州の政治情勢の混乱など新興国からの資本流出のリスクも燻り続けることから各国中央銀行は当面政策金利を据え置くだろう。
     
  4. 経済の先行きは、引き続き内需主導の緩やかな成長を予想する。緩やかな物価上昇によって実質所得が目減りすることから民間消費の伸びは若干鈍化するだろうが、輸出の増加傾向や資源価格の上昇などを追い風に企業業績が改善するなかで民間投資も持ち直していくだろう。公共部門は景気に配慮した財政運営を続けるものの、金融政策は中立化されることから政策面での景気の押上げは期待しにくくなるだろう。
ASEAN5カ国とインドの経済見通し
■目次

1.東南アジア・インド経済の概況と見通し
  ・経済概況:堅調な消費を支えに緩やかな成長が持続
  ・物価:資源高と通貨安を背景に上昇基調が続く
  ・金融政策:緩和的から中立へ
  ・経済見通し:輸出・投資の復調で成長率は若干上昇
2.各国経済の見通し
  2-1.マレーシア
  2-2.タイ
  2-3.インドネシア
  2-4.フィリピン
  2-5.ベトナム
  2-6.インド
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
28_ext_01_0.jpg

経済研究部   研究員

斉藤 誠 (さいとう まこと)

研究・専門分野
アジア・新興国経済

レポート

アクセスランキング

【【アジア・新興国】東南アジア・インドの経済見通し~17年は輸出・投資の復調で成長率は若干上昇】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【アジア・新興国】東南アジア・インドの経済見通し~17年は輸出・投資の復調で成長率は若干上昇のレポート Topへ