2021年05月21日

2021年1-3月期のグローバルM&Aマーケットの動向~経済の回復見込みやクリーンエネルギー政策を背景に活発なM&A取引が続く

金融研究部 准主任研究員・ESG推進室兼任   原田 哲志

金融市場・外国為替(通貨・相場) 企業経営・産業政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

2021年1-3月期の世界のM&A取引は昨年に引き続き活発な状況が続いた。経済の回復見込みや各国政府のクリーンエネルギー政策が背景となっている。その一方で、安全保障への懸念の高まりから、サプライチェーンの再編や自国への製造業の回帰を目指す動きがある。

こうした動きにより、グローバルサプライチェーンは今後大きく変化していく可能性があり、今後の動向が注目される。

■目次

1――活発なM&A取引が続く
2――各地域で高水準の取引金額が続く
3――主要なM&A案件
4――まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   准主任研究員・ESG推進室兼任

原田 哲志 (はらだ さとし)

研究・専門分野
資産運用、オルタナティブ投資

アクセスランキング

レポート紹介

【2021年1-3月期のグローバルM&Aマーケットの動向~経済の回復見込みやクリーンエネルギー政策を背景に活発なM&A取引が続く】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2021年1-3月期のグローバルM&Aマーケットの動向~経済の回復見込みやクリーンエネルギー政策を背景に活発なM&A取引が続くのレポート Topへ