2020年02月21日

新型肺炎拡大でも、日本株が大崩れしない3つの理由

金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト   井出 真吾

新型コロナウイルス 株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨


新型肺炎の影響拡大が懸念される中、日経平均は大崩れすることなく3連休を迎えた。値下がりしたら株を買おうと思っている投資家からすれば“意外にしぶとい”といった印象だろう。海外投資家による“日本売り”まで指摘されているにもかかわらず、日本株が底堅い理由は主に3つある。

■目次

■日経平均の戻りは鈍いが、大崩れしていない
■理由(1):円高が進んでいない
■理由(2):堅調な米国株と中国株
■理由(3):根強い景気回復期待と日本企業の業績見通し
■今後は楽観できない
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   上席研究員 チーフ株式ストラテジスト

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資・マクロ経済

アクセスランキング

レポート紹介

【新型肺炎拡大でも、日本株が大崩れしない3つの理由】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新型肺炎拡大でも、日本株が大崩れしない3つの理由のレポート Topへ