2019年02月27日

生産緑地を借りるのは誰?-都市農地の貸借円滑化法施行の効果と課題(その2)

社会研究部 都市政策シニアリサーチャー・ジェロントロジー推進室兼任   塩澤 誠一郎

都市計画 土地・住宅 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

前回のレポート、その1では、生産緑地法の主たる従事者要件と都市農地貸借法の認定要件を解説した。その2では、都市農地貸借法に基づき生産緑地を借りる事業主体を想定した上で、貸借が進むことの効果とまちづくり上の課題について考察する。

■目次

1――はじめに
2――貸借によって近づく農と都市住民
  1|貸借による事業者の想定
  2|農に携わる人の多様化とその効果
3――農のあるまちづくりを推進する上での課題
  1|地域の農業者と住民が一緒に考える場の設置
  2|基準の柔軟な運用と市区町村独自の取り組み
  3|関連行政計画の策定・見直し
4――おわりに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
64_ext_01_0.jpeg

社会研究部   都市政策シニアリサーチャー・ジェロントロジー推進室兼任

塩澤 誠一郎 (しおざわ せいいちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、土地・住宅政策、文化施設開発

レポート

アクセスランキング

【生産緑地を借りるのは誰?-都市農地の貸借円滑化法施行の効果と課題(その2)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

生産緑地を借りるのは誰?-都市農地の貸借円滑化法施行の効果と課題(その2)のレポート Topへ