2019年01月31日

研究学園都市が挑む、「つくば市スタートアップ戦略」

  中村 洋介

企業経営・産業政策 都市計画 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 日本のベンチャーは「東京一極集中」の傾向が強い中ではあるが、いくつかの地方自治体において、革新的なベンチャー企業を創出し育成しようという取り組みが見られる。
     
  • 多くの研究機関が集積するつくば市は、2018年12月から「つくば市スタートアップ戦略」をスタートさせた。世界で活躍出来るベンチャーの創出、研究開発型、テクノロジー系のベンチャーを創出することに期待がかかる。
     
  • ベンチャー支援はすぐに成果が出るわけではなく、地方自治体にも長期的な視点が必要だ。ぶれない姿勢で、そして起業家目線で取り組む地方自治体が増えていくことを期待したい。

■目次

1――はじめに
2――「東京一極集中」の日本のベンチャー
3――地方自治体の取組み ~つくば市の取組み事例~
  1|筑波研究学園都市
  2|つくば市スタートアップ戦略
  3|高い期待、一方で乗り越えるべきハードルも高い
4――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

中村 洋介

研究・専門分野

アクセスランキング

レポート紹介

【研究学園都市が挑む、「つくば市スタートアップ戦略」】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

研究学園都市が挑む、「つくば市スタートアップ戦略」のレポート Topへ