2015年11月05日

不動産市場は全般に堅調も、オフィス需要など一部に弱い動き~不動産クォータリー・レビュー2015年第3四半期~

金融研究部 主任研究員   増宮 守

文字サイズ

<要旨>

  • 国内経済は、第2四半期の落ち込みからの回復局面にあるものの、力強さはみられていない。住宅市場では、着工および取引戸数が回復傾向を示し、価格上昇も継続している。基準地価は、都市部での回復が2年連続となった。
  • 東京の賃貸オフィス市場では、空室率低下と賃料上昇が続くものの、需要の弱さも表れている。賃貸マンション市場でも賃料上昇が続いたが、高級賃貸マンションの賃料は弱含んでいる。
  • 商業施設市場では、賃料上昇が一服したが、訪日外客数の増加が小売売上を支えている。訪日外客数増加の影響が大きいホテル市場では、稼働率が近年で最も高い水準で推移し、客室単価も上昇している。また、良好な需給環境が続いていた賃貸物流施設市場は、今後、大量供給局面を迎える。
  • 東証REIT指数は、海外市場のリスク拡大や公募増資による需給悪化を受け、6月末から7%下落した。不動産投資市場では、J-REITの取得が増加し、全体の取引額も高水準にあるものの、2014年の水準には届いていないとみられる。

42856_ext_15_1.jpg
77_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員

増宮 守 (ますみや まもる)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

(2015年11月05日「不動産投資レポート」)

レポート

アクセスランキング

【不動産市場は全般に堅調も、オフィス需要など一部に弱い動き~不動産クォータリー・レビュー2015年第3四半期~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

不動産市場は全般に堅調も、オフィス需要など一部に弱い動き~不動産クォータリー・レビュー2015年第3四半期~のレポート Topへ